web会議関連情報

HOMEウェブ環境次第で快適度をアップ

最終更新日:2017/11/20

ウェブ環境次第で快適度をアップ

資料とパソコン

通信の快適さはウェブ環境の影響を大きく受けるでしょう。
インターネット回線だけでなく、web会議となれば映像や音声にも影響を及ぼします。
web会議でタイムラグが起きるとすれば、ウェブ環境によるものかもしれません。
web会議システムを提供している会社によっては、導入前にオンラインで動作環境チェックが出来るところがあります。
また、無料トライアルという形で事前にお試し期間を設けているところも珍しくなく、導入に対して色々不安な点があるならば、あらかじめ事前に試すことによって動作をチェックすることが出来るのでおすすめです。
事前に試すことによって何か問題があるのかを確認し、それがウェブ環境による影響であるかどうかを把握しておくことは大切です。
例えばブラウザを使用する場合は、ブラウザごとに若干性能が違います。
とあるブラウザだと快適に通信できるけれど、別のブラウザだと微妙に遅れを感じてしまうということはよくあることです。
web会議だけがそうではなく、検索スピードにも違いが出たり、動画を視聴したりする際にもそれを感じるでしょう。
特にweb会議の際には画面にカメラ映像を出力するので、ネットワークに負荷はよりかかります。
そのためしっかりとしたインターネットの通信環境を整えておきましょう。
また提供しているシステムごとの性能を開示しているところであれば、より安心安全の利用が叶うでしょう。
例えば映像に関する情報です。
音声送受信状態でそれぞれ必要な実測での帯域幅を表で示していると参考になるでしょう。
カメラの解像度、参加人数に対してどれだけの数値を出しているのか。
もしも必要な帯域幅を満たしていなければ、音声が途切れたり遅延し、画像の乱れが発生したりする可能性が出てきます。
それでは快適なやり取りを実現出来ません。
それを避けるためにも事前のお試し期間を活用し、システムと自分の機器の性能差などを把握しておくことが大切です。
パソコンだけでなくスマートフォンにも導入を考えているのであれば、スマートフォンの性能によってはもしかすると上手く動作しない可能性もゼロではありません。
こちらもまた必要動作環境を表にして開示していますが、これは必要最低限の動作環境であることが多いです。
より快適にweb会議が動作してほしいと望むのであれば、示されている動作環境よりももう少し上のものを必要とするでしょう。
自分のスマートフォンで動くのかどうかはやはり、事前の無料トライアルを試すのが一番安全で確実な方法です。

一覧はこちら

web会議ランキング

TOP