web会議関連情報

HOMEここ近年でのweb会議普及率はどのくらい?

最終更新日:2017/11/20

ここ近年でのweb会議普及率はどのくらい?

ノートパソコンを操作する人

近年ではweb会議の普及が進んでいるといわれていますが、実際にはどれくらい進んでいるのかはあまりぴんときていないかもしれません。
とある報告によると、少しずつではありますが5年前に比べると、ゆるやかに右肩上がりでweb会議が普及しているというグラフが提示されているようです。
どうして普及が進んでいるのかといえば、やはり導入のお手軽さとツールとしての使いやすさにあるでしょう。
老若男女を問わずに使いやすいため、企業の新米社員や役員であっても気軽に使えるツールというポイントが、普及を助ける要因の一つになっているのは間違いないでしょう。
また、それぞれのweb会議システムの会社の実績によれば、名のある企業でも導入が進んでいることが分かります。
それぞれの会社のホームページを見ていくと、有名企業や銀行だけでなく、役所や大学でも導入されているのです。
ということは、ほぼ間違いなく私たちが知っているような企業やブランドでは、ほぼ100%に近い普及率になっているのかもしれないでしょう。
それだけでもweb会議が高い普及率を誇っているのは感じ取れるのではないでしょうか。
ただ「ほぼ100%に近い」であって、「100%」ではまだないでしょう。
便利なツールであることには間違いないですが、かといって絶対に導入しようと誰もが思うわけではありません。
評判こそ耳にはしているけれど、自分のところに導入するには少し不安がある経営者がいないわけではないでしょう。
それはコストの問題であったり、ちゃんと使えるかどうかの不安であったりなど、色々な要因が導入を迷わせます。
何より簡単に導入出来るというメリットを見せられたとして、ではその簡単さに応じたセキュリティになっているの?という疑念はぬぐえないでしょう。
プライベートではなく仕事をする上でネットを通じたやり取りをするからこそ、セキュリティに対しては敏感になってしまうのは仕方のないことです。
その不安を取り除くように、それぞれのweb会議システムを提供している会社は、自社のセキュリティの安全性を伝える必要があります。
しっかりとしたセキュリティを整えた上で、安定した通信を実現させている、それ以外にも色々と機能が用意されていて、料金はこうだという風に宣伝し、その良さに触れたユーザーが取引相手などに対してweb会議はいいものだと伝えていくことが大切です。
この積み重ねによって年々web会議システムは少しずつ普及し続けているのです。

一覧はこちら

web会議ランキング

TOP