web会議関連情報

HOME活用方法はweb会議だけではなく多岐に渡ります

最終更新日:2017/11/20

活用方法はweb会議だけではなく多岐に渡ります

パソコンと女性

web会議とついているから会議だけに使うのかというとそうではありません。
web会議を活用することで、様々な用途に使用することが出来ます。
これまでの記事でも一例としていくつか挙げてきましたが、また別の活用方法に触れてみることにしましょう。
例えばweb会議システムは大学にも使われていますが、大学ではどういったことに使われているのかというと、遠隔授業になります。
そう言われて頭に浮かぶのは「録画した授業を流す」というものではないでしょうか。
確かにパソコンの前に座り、受けたい授業を選択することで、録画された授業動画を流して勉強するという事例はあります。
ですがこれはリアルタイムではないためライブ感があまりありません。
そこでリアルタイムな授業を受けられる方法として、web会議システムの導入が行われました。
これにより家に居ながら授業が受けられることになり、学校まで足を運ぶ必要がなくなります。
地方に住む学びたい意欲を持った学生がわざわざ学校付近まで引越しをする必要がないともいえるため、より学生の数が増えることにも期待出来ます。
近年では働き方改革が進み、会社に出勤するだけでなく在宅で仕事を行ったり、レンタルオフィスなどに出勤したり、あるいはフリーで活動したりといった風な働き方をする人が増えています。
またテレワークといった形で働く人も登場しており、一つの形式にとらわれない働き方をする人が増加しています。
そうした働き方をする人もまたweb会議を導入することにより、場所を選ばずにやり取りをすることが出来るようになっています。
在宅の人であっても会議に参加出来ますし、仕事の成果を報告することも容易です。
またフリーの人もweb会議を通じて打ち合わせを行い、仕事を獲得することも出来るでしょう。
あまり縁がなさそうな工場をはじめとする製造業界でもweb会議の導入が進んでいます。
いったいどういった形で使用するのかというと、映像を通じて離れた現場にいる人に対して研修を行ったり、それぞれの現場で起きている出来事を本社や他の拠点で瞬時に把握できたりといった形に使われています。
万が一問題が発生した場合でも、映像を通じて問題点を報告し、迅速な対応を期待出来ます。
またweb会議システムでは資料の表示も容易です。
映像や資料マニュアルを交えることでわかりやすく、そして疑問点があればすぐに質問しやすい環境が整えられているため、新人育成のための研修も簡単に出来るという点でも、製造業界に普及する一因となっています。

一覧はこちら

web会議ランキング

TOP